ドッグフード選びの方法

ドッグフードを選ぶ際、人によってそのこだわりのポイントは異なるものです。価格が大事な人もいれば、人気が大事な人もいます。最近では素材へのこだわりが強い人も多く、添加物を使っていないものやオーガニック素材を使っているものといったこだわりがある人もいます。また、最近は犬もアレルギーがあることがわかっていることから、アレルギーや持病があればそれにあった食事を用意する必要があります。

愛犬にあった商品を選ぶ際、やはり品質には少しこだわりたいものです。やはりあまりにも安いものはそれなりの理由があるものです。人間が食べることは決してないような肉や野菜を用いていたり、穀物でかさまししていたりすることがあるので体に良いものとは言えないことがあるのです。添加物も全てが悪いわけではなく、天然成分を用いていることもあります。

また、添加物が不使用となると品質保持が大変になるというデメリットもあります。添加物の名称は見慣れていないものも多く覚えるのが大変ですから、せめて添加物の種類や量の確認、賞味期限の確認をすることだけでも十分効果的です。あまりにも多く添加物が用いられていたり、賞味期限が長すぎたりするものは避けたほうが良いと言えます。

ドッグフードの大切さ

犬はドッグフードと水だけで食生活が十分とされています。もちろん、しつけやコミュニケーションのためにおやつを与える家もありますが、おやつは補助職であり、そこに栄養補給の目的はないものです。体を作ること、生活に必要な栄養を摂取することはドッグフードで行っています。そこで、栄養が不足していたり偏っていたりするもの、使われている素材が粗悪なもので当たりすれば、犬の健康状態を害する危険があるのです。

また、ドッグフードは常に同じ品質ですぐに食べられるという点では人間の食事でいうとインスタント食品にあたるといえます。そこで、人間のように毎日自作して愛犬に食べさせている人もいます。これは愛犬の食事としては最も安心できる方法の一つです。素材も人間と同じものを使えることで粗悪な原材料を回避できますし、自分で調理することで栄養面での不安も解消できます。

しかし、飼い主も常に食事を用意できるとは限りません。体調が悪かったり忙しかったりすれば調理の時間が取れないですし、万が一災害があればそのような時も用意できるとは限りません。また、ペットホテルに預けるときには衛生面の観点から手作り食は禁止されていることもあります。そこで、愛犬のためにも安心して与えられるドッグフードを見つけておくことは重要なのです。